So-net無料ブログ作成
検索選択

4790K #4

同時購入した、4890K #3をお盆休みにぶっかけて
すぐに#4もと思っていたのですがやっと冷やせました。

しかも#4、本日封切と一ヶ月以上放置してました(笑

本日は思うところありましてソケット周りの養生を少し変更してみました
撤収時、升裏とCPUを確認しましたがそこそこの圧着具合のようでした。

升裏.jpg

CPU側.jpg

CB、CBBは、-145℃と-120℃とまずまずでした
が、最初の1時間は6,2Gを越えられずハズレ石と諦めモード
やけくそでバーナーで-90℃まで一旦升を温めてからは少し良くなり
まだまだですが、一応自己記録は更新してくれました。(^_^)/

  32M  4m53.109s/6309MHz
32M 4m53.109s 6309MHz.jpg

 1M  5,641S/6309MHz
1M 5.641s 6309MHz.jpg

  PiFast  10.41s/6309MHz
PiFast 10.41s 6309MHz.jpg

  HWBOT Prime  6937.29/6137.88MHz
HWBOTPrime 6937.29 6137MHz.jpg

今日は長距離更新を目標にしており最初から32Mオンリー
2時間ぐらいで上記のタイムを出した時の液体残が1L
そのまま、1MとPiFastを1回ずつ廻し再起動で7を立ち上げ
HWBOT Primeを2回だけ廻して終了でした。

ただし、1C1Tでも6,4Gはすぐにブルスクでしたので
この先はあまり期待できそにないかもです。
もう1回時間かけて確認してみようと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。